2.11 茅ヶ崎マリーLIVE

2月11日(月・祝)
茅ヶ崎マリーでライヴをやりました。
http://www.sunamajiri.com/marry/

PICT00249.jpg

左:そえぢ(dr) 中央:なつみ(pf) 右:づっか(bs)

このお店でライヴをやるのは3回目です。
小さいけど雰囲気のあるジャズのお店です。
湘南はわたし(夏海)の地元なので、中学高校の友人が来てくれたり、
お店に集まるジャズ/ブラジル好きのおじさまたちが来てくださるので、嬉しいかぎりです。

(セットリスト)
Lamento
Winter Wonderland
Valsa de Uma Cidade
Casa Prefabricada
Inpulso
灰と砂
Just Being
Olhou Pra Mim
Brooklin High
Triste
Cidade Vazia
タンボリン賛歌
So Many Stars
Suite Sandrini No.1
Mas Que Nada

今回はジャズサンバの曲をたくさんやりました。(赤字)
もともとぶらじる商会はジャズサンバをメインにやるバンドなんです。

そうそう、このブログやホームページにたびたび登場する「ジャズサンバ」とは、
ブラジル音楽の一つのジャンルです。
60年代ごろのブラジルで、ブレイクしてそして消えていった音楽です。
ジャズをちょっと勉強したブラジル人が、サンバやボサノヴァなどブラジルの曲をジャズ風味で演奏したり、また逆にジャズのスタンダードをサンバのリズムで演奏したり。
(今回やったWinter Wonderlandは、私がジャズサンバ風にアレンジしてみました)
当時は我々のようなピアノトリオがわんさかいて、ラウンジなどで演奏していたようです。
そういったピアノトリオの中でも、魅力的なアレンジの演奏を再現しようと試みてみました。

解釈は人によってさまざまで、日本ではブラジルよりジャズ・ファンのほうが
ジャズサンバが好きだと言う人が多いようですが、私たちはこれをジャズではなくて
ブラジル音楽だと思って演奏しています!

ジャズサンバについて語ると長くなるので、とりあえずこのへんまでにします。


あとはオリジナル曲をやりました。(青字)
タンボリン賛歌」はわたしの新曲です。
タンボリンというサンバ楽器の音をイメージして、そして実際にそえぢにその楽器をたたいて
もらって、いろいろリズム遊びした曲です。
ジャズサンバが好きな人なら気に入ってもらえると思います!

灰と砂」はHPにも音源がありますが、づっかのオリジナルです。
ブログに突然この曲にまつわるストーリーが書き込まれたので、
それを紙芝居にしてみました。
前日に筆ペンで描いたひどい絵でしたが、それなりにウケました。
曲のイメージを想像するのに役立った・・・?ようです。


またライヴで紙芝居やるので、ぜひ見に来てください!!

スポンサーサイト
鍵盤楽器とぶらじる① | Home | ☆初めて買った1枚☆