☆初めて買った1枚☆

あれはいつだったかな・・・・
まだ必死でJAZZを聴いていた頃。学生生活1年目だったきがします。横浜のHMVのJazzコーナーでHank MobleyのCDを探していた時、ふと隣のコーナーのジャケットが目に入りました。。。

Brazilian Beats Vol. 1』 VA

Beet.jpg


その頃聴いていたのはもっぱらJazz。ピアノはKeith Jarrett、ドラムは去年惜しくも亡くなられたMax Roachが好きだ!といった感じ。
このCDを選んだ深い理由は特にない。曲、アーティストの名前を知っているはずもなく、「Brazilian Beats」というタイトルだけが僕の好奇心に火をつけたわけです!
そのころのブラジル音楽のイメージといえばSamba。笛の音と爆音。正直、曲のクオリティーばかりを追求していたあの頃は いいイメージが持てませんでした。

このCDは 新しい発見をさせてくれた1枚です。正直 イメージが変わりました。

このCDはJazzSamba,Funkを中心に16曲。Brazilian BeatsでBossaNovaを一切紹介しないところがにくい!!

4. Nebulosa-Tenorio Jr
Embalo」(1964)
5. Sam Blues-Sambalanco Trio
Sambalanco Trio」(1960)
13. Cidade Vazia-Milton Banana
Balancando com Milton Banana Trio」 (1966)
16. Cochise-Ed Lincoln
Ed lincoln」(?)
17. Cala Boca Menino-Joao Donato
Quem E Quem」(1973)

ジャケットはバンド名、曲名が間違って記載されてたりしますが内容は間違いないっす。。。

曲の内容、JazzSambaについてはJazzSambaマニアのなつみが・・・
  これからレビューを書いてくれる・・・・ハズ。 

というわけで 明日 このアルバムの中からMilton Bananaの「Cidade Vazia」 やります!

                  そえぢ
  
スポンサーサイト
2.11 茅ヶ崎マリーLIVE | Home | CDレビュー8