スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆ~きやこんこん

こんばんは、づっかです。
後日談ですが・・・・・最近ボーダー卒業疑惑が浮上しちょっとビビってます。。
ていうのも、あんましいいデザインのしましまがねぇ・・・・。
ステージ衣装もやっぱりアニメTシャツで統一しようかな?とか思ったりして(笑)
うちのバンドも衣装を統一すべきなのか??コレ今結構課題ッス!!
といってもあのお二人にアニメTシャツ!!それはそれで見てみたい(フフフ)

あ、今日は今度茅ヶ崎でやるのかな??この間のツアーでやった「向日葵に降る雨」
のレビューをしたいと思いますです!!!!!でははじまりはじまり・・・・・
   
「向日葵に降る雨」   原作 づっか 原画 なつみ 監修 そえぢ(予定)

これは日立のとある幼稚園のお話です。
その幼稚園は小高い丘の上にある雰囲気も和やかな素敵な幼稚園です。
丘の上からは太平洋を一望でき、夜になると星がキラキラ輝く。
それはそれは夢あふれる幼稚園です。
そんな幼稚園の園長さん自宅の窓から見えるは大きな畑、その手前に向日葵が
ありました。聞くところによればお姉さんが大好きな花だとか。
向日葵とは、常に日を向いて咲くと言われていますよね?でも雨が降ったらどうすんの?
などと思ってました。実際この目で雨が降っている向日葵をみるのは26年生きていて
初めてだったのでした。この曲はその時の胸の感動を曲にしたものなんです。
そうこれは僕自身のエピソードなんです。僕の作り上げたお話ではなくて実際のお話です。
その窓から見える向日葵の花が今までみた花の景色の中で1番素敵だったのです。
目の前に無限に広がるような花畑よりも、目の前にある1輪の花よりも、
その窓から覗く雨に降られながらもただ日の光を待ち続けている向日葵の花が僕の眼には
それだけ荘厳に映っていたというわけです。
さらに、雨が上がり元気に日に向かって咲く向日葵の花についた雨露がキラキラときらめいて
さらに輝きをまして僕の眼に映りました。そんな胸の奥からこみ上げてくる感動をどうしても
1つの曲にしたくてこの曲を書くに至ったというわけです。
ですので皆様、今度この曲を聴く機会があれば是非、雨に濡れた向日葵が太陽の光で
輝いている。それを窓からゆっくり見ている。そんな情景を思い浮かべて聴いていただけたら
幸いでございますです。
写真があればUPしたいのですが・・・・イマジネーションってコトで!!
では、近い将来でしたら2月11日茅ヶ崎MARRYでお会いしまょう!!

づっか
スポンサーサイト
CDレビュー8 | Home | 生け花×ぶら商
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。