茅ヶ崎ライヴ など

12月2日は茅ヶ崎マリーでライブでした。
日曜の夜ということで、地元のお客さんがたくさん来て下さいました!どうもありがとうございました。
私はお客さんがいっぱいだと調子がいいです。

ちなみに地元なので夏海ファミリーも来てくれました。
ぶら商のステージを見てもらうのは初めてです・・・


今回の目玉3つ。


1、ミシェルカミロ
ブラジルではないんですが、モテそうだからやろう!ということで手を出したラテンジャズピアニスト、
ミシェルカミロの「Suite Sandrini」やりました。
最初は、ほんとにこんな難しくて速い曲自分に弾けるのかな、と思ったけど。譜面すらないし・・・。
勢いだけで演奏しましたがわりと好評でした~

2、いとうまさよし
ゲストでシンガーソングライター(または俳優)のいとうまさよし氏が共演してくれました。いとうさんとの共演は二度目でしたが、みんなでいとうさんのキャッチーな唄をたのしく歌いながら演奏しました。

PC020941.jpg

いとうさんいい顔してますねっ!!

3、オリジナル日本初公開
初公開のオリジナル曲「ひまわりに降る雨」と「シャングリラ」をやりました。内容はライヴに来た人だけわかるってことで・・・

そうそうオリジナル曲といえば、HPで公開しました!上記とは違う曲ですが、二曲試聴できますのでよかったら聴いてみてください。メニューバーのMusicってとこから入れます。



あ、前の記事でそえぢがいってましたが、ルシアナ・ソウザ&ホメロ・ルバンボ行ってきました!
一人で行ったのですが感動と驚きのあまり、一人で奇声を発したり泣いたりしてました。帰りは東海道線でずっとPra que discutir com madameを口ずさんでました。

スキャットやリズム遊び、とにかく自由なアレンジでスリルたっぷりの二人ですが、なぜかそれでも息がぴったり合うのが気持ちいい。純粋に音楽を楽しんでいる感じがしました。
ルシアナとホメロは一緒にやりはじめてもう11年になるそうです。我々ぶらじる商会も、11年続けたらあんな息ぴったりになれるでしょうか?あと10年・・・

アンコールはマイナーコードではじまる静かなボサノバ・・・「ホメロの新曲だ」っていうから、なんだろうと思ってたら、なんとイパネマの娘でした!!(笑)
ブラジルでもジャズでもやり古されてる曲ですが、アレンジによって全然雰囲気変わるんですよね。
ぶらじる商会がやってるイパネマはキメがいっぱいで激しいんですが、これはZIMBO TRIOというジャズサンバトリオのアレンジを参考にしています。

ブラジルのピアノトリオについてはまたそのうち紹介を書いてみたいとおもいます。
(そえぢとづっかがギタートリオのNOSSO TRIOに傾倒しているのが実は悔しい、、、)


なつみ
スポンサーサイト
CDレビュー5 | Home | CDレビュー4

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する