スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズサンバの曲をつくる②

さて、前回に引き続きまして
ぶらじる商会のオリジナル曲についての解説と、
それと関連して、ジャズサンバの演奏上の特徴を音楽的観点でお話していきたいと思います。

③ インプロヴィゼーション
ジャズサンバの大きな特徴として、インプロヴィゼーション(即興演奏)があります。
曲ごとに設定されたコード進行に従い、そのコードに合うようにメロディーを即興でのせていくプレイです。
ジャズサンバに限らず、ジャズの演奏に関してはこのインプロというのが 一つの醍醐味であります。
これを前面に出して作った曲が、2nd Album「Renascenca do Jazzsamba」に収録されている
「Improviso 2012」です。

※2:03付近の曲です


もともとジャズサンバの曲で、「Improviso1966」という曲があったので、こんなタイトルをつけてみました。
「Improviso(インプロヴィソ)」は、インプロヴィゼーションのポルトガル語です。

この曲の特徴としては、中間部のキメのところ以外は、全編インプロです。
Aメロは、インプロなので決まったテーマが存在しません。こうすると、コードだけ設定すればよいので、
メロディーを作る手間が省けます。^ _ ^
よって2度と同じものは再演できず、毎回違うテーマが演奏されているのです。


④転調

私は子供の頃からノリの良い曲、ハッピーな曲ばかり作ってきました。
しかしそろそろいい歳ですし、一曲くらい美しいバラードを作ってみたいと思って作った曲が、
「Romantico」です。

※1:13付近の曲です


この曲は、3rd Album「Jazzsambismo」に収録されています。

これは、ジャズサンバだけでなく、ブラジル音楽全般的に多く見られることですが、
曲中で細かな転調がたくさん見られます。
転調があると、単調な曲調から抜け出し、
転調するごとに新しい扉を開けたような新鮮味を感じることができます。
ジャズ畑のプレイヤーは、ブラジル音楽難しいと言う人が多いです。
その理由の一つが、ジャズのセオリーに乗っ取らない転調やコード進行が
平然と行われているからだと思います。

たとえばこんな曲を聴いてみてください。
ぶら商でもたまに演奏する、「Noa Noa」という曲です。



セルジオ・メンデス&ブラジル'65のバージョン。
この曲何調?といわれても、もはやわからないくらい細かな転調が繰り返されています。
演奏するのは大変難しいですが、カッコイイです。

転調は、そこで聴く人をはっとさせつつも、自然な繋がりが大事だと思います。
私はそういう曲に非常に魅力を感じます。
だからブラジル音楽に魅力を感じるのかもしれません。

この「Romantico」も、Aメロのおしりから何段階ものこまかな転調を繰り返し、もとの調に戻っています。
転調するのはいいのですが、なかなかもとの調に戻れなくて、大変でした、、、。

ちなみに「Romantico」は、ポルトガル語でロマンチック の意味ですが、
「ホマンチコ」と発音するそうです。
なんか・・・気が抜ける・・・

あと一曲については、また次回。

スポンサーサイト

ジャズサンバの曲をつくる①

最近ライヴはありませんが、
この機会に新曲をいくつか作っております。

採用してもらえるかは、リハに入るまでわかりませんが・・・!
そのうち皆様にお披露目できたらいいなと思っています。

IMG_1302.jpg


ぶら商のアルバムには、往年の名曲のカヴァーが多く収録されていますが、
少ないながらも必ず1~2曲オリジナル曲が入っております。
今回は、なかなか語られることのないオリジナル曲について、作曲者の目線からお話していきたいと思います。


私が子供のころ通っていた某音楽教室では、曲を作る課題を何度もやっていましたが、
自分が得意で好きだったことは、「◎◎っぽい曲」を作ることです。
「バッハっぽい」「ネコっぽい」「フランスっぽい」「刑事ものっぽい」・・・
フレーズの盗作ではなく、もともとある曲の特徴的な部分を抽出して、それで曲を作るのです。

そして今では、ぶら商でやる曲は、「ジャズサンバっぽい」曲にきこえるように
意識して曲作りをするようにしています。
もちろん、本物にはかなわない、和製JAZZSAMBAではありますが、
今まで私が聴いてきた数々のジャズサンバナンバーの
エッセンスを自分の曲の中に取り込んでいるのです。


こちらは、3rdアルバム「JAZZSAMBISMO」に収録されている、「As Marionetas」です。
※0:56付近からの曲です。



この曲は、ジャズサンバフリークなら「あれ?あの曲っぽいかな?」と気付いたかもしれませんが、
Cesar Camargo Mariano率いるSom Tresの代表作
「Tema3」っぽい曲を作ろうと思って作った曲です。
※こちらのアルバム8曲目、21:57付近。



っぽくないですか?

以下は、私がピアニスト・作曲者として
ジャズサンバの演奏上の特徴だと認識していることです。
いろいろなご意見があるとは思いますが、私の主観ということで。

①全パートでリズムをそろえる、複雑な「キメ」がテーマ中に存在する
たとえば上記「As Marionetas」では、Aメロ全体がすべて「キメ」になっています。
リズムをドラムを含め全パートそろえることにより、何も音がない、もしくはピアノの音だけ
という空間がしばしば現れ、緊張感が生まれるのです。
この曲もそうですが、テーマの終りに派手なキメをもってくる曲も多いですね。

ピアノは、裏拍でリズムを刻む
これはブラジル音楽全体の特徴でありますが、ジャズサンバ、特にピアノトリオの場合は
右でメロディーを奏でながら、左手をウカッカッカッカと裏拍で刻むことが多いです。
これは、ギターの代わりだと思われます。
このリズムを利用した「キメ」も、上記の「As Marionetas」のBメロ付近に多用しています。

ウラで刻んでいる曲といえば、「Fin De Semana Em El Dorado」などが顕著ですね。
※3:31付近の曲です。



日本人の私には、今でもこれはほんとにむずかしいですが、ようやく体になじんできました。
ピアノやってる方は、何の曲でもよいので、ぜひメロディー弾きながら8分ウラで左手コード刻んでみてください。
けっこうたいへんですよ・・・


さて長くなりそうなので、他のオリジナル曲については次のブログで。














bass古舘のたわいもないつぶやき その2

ベースの古舘です。
暑い日が続く今日この頃で皆様ブラジル音楽をより欲している時期でしょう。

さて、先日ラジオ(だいぶ前になってしまいましたが)に出させていただいてお題リレーというコーナーで「自分を形成した3大アーティストは?」というお題を課せられました。

3人(3グループ)に絞るならなかなか難しい!

なぜなら今まで多くのベーシストの演奏を聴き、観てきました。それら皆さんの影響を受けて今の自分があると思います。
その中でも特に自分の分岐点となったベーシストというのを今回あげてみたいと思います。

まずは「Dream theater」の「John Myung(ジョン マイアグ)」です。若きときの自分の中でのベースヒーローでした。Dream theaterはロックという枠の中でドラマティックな展開、複雑なポリリズム、変拍子などを駆使したテクニカルプログレメタルバンドの先駆けでした。
そのボトムを支えていたのがJohn Myungでした。

このバンドをコピーしてポリリズム、変拍子などに対しての対応ができるようになったといっても過言ではありません。JAZZ SAMBAにおける複雑なリズムのキメ、ユニゾンなどに通じるモノも多くあります。
そしてリズムの「縦のライン」を意識して演奏をするというのもこのバンドを通して体感しました。


と、この同時期に衝撃を受けたのが「Larry Graham(ラリー グラハム)」です。
強烈なリズム感で腰を持って行かれるような感覚、そして粘り、ファンキーなボーカル、すべてが衝撃でした。



そしてヘビーなサウンドとファンキーなリズムとの融合という意味でゾッコンになったのが「TM Stevens(TM スティーブンス)」です。

当時はミクスチャーと言われるジャンルが出てきて「Red Hot Chili Peppers(レッド ホット チリ ペッパーズ)」なども人気がありました。



この時あたりから複雑なリズム、相反して踊れる音楽というものに興味が湧いてきたのでしょう。


まだまだこれは高校生時代の話し 笑

このコーナーな先は長いですよぅ〜 笑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。