CDレビュー7

今からちょうど3年前 大失恋をし、独りで ふらっと京都を訪れた。

紅葉で染まった街を永遠と歩き続ける。。。
そんな時 ふと 以前訪れたことのあるCafe Independantsを 再び 訪れてみた。
この店の奥にはCDショップが併設されており Bossanovaや北欧Jazzをはじめ、多彩なジャンルのCDが並んでいる。
そんな素敵なカフェで 疲れた体をコーヒーと音楽で癒してみた。。

そんなお店で出会った1枚。。。

『Blasil Precisa Balanca』    ~Rosalia de Souza~


01.jpg


彼女はRio de Janeiro生まれ。89年、イタリアに移住。現在ローマに住んでいる。

19世紀以降、多くのイタリア人がブラジルへと移住している。逆に多くのブラジル人もイタリアへと渡った。そんなヨーロッパのブラジリアンコミュニティーの中で現在 独自のブラジリアングルーブが生まれているという。

そういった環境の中で 彼女は ローマの音楽学校にてJazzを習得、94年にNicola Conteと出会いブラジリアン・ジャズグループ「Quintetto X」のボーカリストに起用される。

最近ではハウスシーンに飛び込んでいる。  ヨーロッパ発ブラジリアンミュージック!

本作はそんな彼女が遠いブラジルに思いを寄せた作品。プロデューサーは あの大御所 Roberto Menescalが担当。


7曲目       Agarradinho

しっとりバラード この曲に彼女の多彩な才能が垣間見える。
「いつも」とは違うこのギターの音  こころが落ち着く!

9曲目     Rio de Janeiro

彼女がイタリアに住んでいるからこそ の曲。
いろんな意味で このアルバムの代表作といっていいであろう。
個人的に とても思い入れのある曲。

http://www.youtube.com/watch?v=lWCgsVzaso0

曲の内容とはちょっと違うが 面白い。。二大作品の融合!
スポンサーサイト

CDレビュー6

ついに先日 個人的にあのブラジル音楽の殿堂Praca11デビューをはたしまして  調子に乗ってる今日この頃、、

前回 紹介したMarria Rita の3作品目を早くも紹介。。


『Samba Meu』 ~Maria Rita~

211.jpg


母 Elis Regina(サンバ ボサノバ) と一定の距離を置いていた彼女が初めてサンバと向き合った作品。
レアンドロ・サプカイがプロデューサーを、そしてあのアルリンド・クルスが6曲も楽曲を提供とサンバ界の大御所が彼女を完全バックアップ。
またTiago Costa(P)が前回に続き参加。彼が参加することで ただのサンバ作品集ではなくなっている。「サンバ」とピアノ、ドラムのバランスが絶妙。これだけ上手くからんでいるのを聴くのは初めてだった。。。

最近、彼女やRoberta Sa Teresa Cristinaなど新しい世代の歌い手が次々とサンバを取り上げている。ブラジルのポップミュージックがサンバ回帰へと向かっているのかもしれない。

4曲目    Num Corpo So

Arlindo Cruz提供の曲がピアノトリオで演奏されている。。。不思議な感覚だが ドラムがそれを吹き飛ばす!リムとハイハットをうまく使い完全なサンバになってます。スプラッシュのアクセントがたまらない!!

11曲目    Novo Amor

Edu Krieger提供の作品。
Roberta Saが このアルバムの発売直後に発表した自身の2ndアルバムで歌っている曲。
前回のCasa Pre-Fabricadaといい・・・。2人の関係はいったい・・・。


                 試聴


                         そえぢ

CDレビュー5

これぞジャケ買い!の1枚。
ジャケットを見た瞬間に買うことを決心!
ですから 当時は彼女がどんな人で 両親がだれか などは全く知りませんでした・・・・。


『Segund』      ~Maria Rita~

825646266920.jpg



彼女は 1978年、女王 Elis Reginaと 僕らがジャズサンバ始めるきっかけとなったバンドSambalanco Trioのピアニスト Cesar Camargo Marianoとの間に生れる。
しかしElisがなくなったのが82年であるから4歳で別れていることになる、、

生活拠点をアメリカにおいていた彼女だが、ブラジル帰国後 両親の名を出すことなくライブハウスでひっそり歌っていたという。。しかし母親譲りの歌唱力はすぐに業界に知れわたったそうだ。

このアルバムはタイトルを見ればわかるが 2枚目のアルバムです。
Pedro Luis、Los Hermanos などビックネームが挙って曲を提供しているところからも彼女の大物ぶりがうかがえる。

ふとした瞬間に 女王がよみがえる。


1曲目       Caminho Das Aguas

Rodrigo Maranhaoの名曲。この曲で彼女の名は世界中に知れわたった。また ブラジルの人気ドラマの主題歌にも採用され 彼女の人気は 不動のものとなった!
Billy Joelばりのきれいなメロディーに 今でも 思わず涙ぐんでしまう。
個人的にも思い出深い曲。。。

                試聴


3曲目         Casa Pre-Fabricada

あの人気RockバンドLos Hermanos の名曲。
彼らとは違い 女性であるからこそできる「バラード」そんな Casa Pre-Fabricada に仕上がっている。

前々回紹介したRoberta Saも歌っている  魅力的な女性だけが歌う魅力的な曲・・・・・

彼女の笑顔に吸い込まれ・・・・    あ  このブラシの使い方は 衝撃的。



待望の3枚目が発売!こちらもすぐにでも紹介したいかなりおすすめの1枚!

http://taiyorecord.com/?pid=5117975

                  
                        そえぢ

茅ヶ崎ライヴ など

12月2日は茅ヶ崎マリーでライブでした。
日曜の夜ということで、地元のお客さんがたくさん来て下さいました!どうもありがとうございました。
私はお客さんがいっぱいだと調子がいいです。

ちなみに地元なので夏海ファミリーも来てくれました。
ぶら商のステージを見てもらうのは初めてです・・・


今回の目玉3つ。


1、ミシェルカミロ
ブラジルではないんですが、モテそうだからやろう!ということで手を出したラテンジャズピアニスト、
ミシェルカミロの「Suite Sandrini」やりました。
最初は、ほんとにこんな難しくて速い曲自分に弾けるのかな、と思ったけど。譜面すらないし・・・。
勢いだけで演奏しましたがわりと好評でした~

2、いとうまさよし
ゲストでシンガーソングライター(または俳優)のいとうまさよし氏が共演してくれました。いとうさんとの共演は二度目でしたが、みんなでいとうさんのキャッチーな唄をたのしく歌いながら演奏しました。

PC020941.jpg

いとうさんいい顔してますねっ!!

3、オリジナル日本初公開
初公開のオリジナル曲「ひまわりに降る雨」と「シャングリラ」をやりました。内容はライヴに来た人だけわかるってことで・・・

そうそうオリジナル曲といえば、HPで公開しました!上記とは違う曲ですが、二曲試聴できますのでよかったら聴いてみてください。メニューバーのMusicってとこから入れます。



あ、前の記事でそえぢがいってましたが、ルシアナ・ソウザ&ホメロ・ルバンボ行ってきました!
一人で行ったのですが感動と驚きのあまり、一人で奇声を発したり泣いたりしてました。帰りは東海道線でずっとPra que discutir com madameを口ずさんでました。

スキャットやリズム遊び、とにかく自由なアレンジでスリルたっぷりの二人ですが、なぜかそれでも息がぴったり合うのが気持ちいい。純粋に音楽を楽しんでいる感じがしました。
ルシアナとホメロは一緒にやりはじめてもう11年になるそうです。我々ぶらじる商会も、11年続けたらあんな息ぴったりになれるでしょうか?あと10年・・・

アンコールはマイナーコードではじまる静かなボサノバ・・・「ホメロの新曲だ」っていうから、なんだろうと思ってたら、なんとイパネマの娘でした!!(笑)
ブラジルでもジャズでもやり古されてる曲ですが、アレンジによって全然雰囲気変わるんですよね。
ぶらじる商会がやってるイパネマはキメがいっぱいで激しいんですが、これはZIMBO TRIOというジャズサンバトリオのアレンジを参考にしています。

ブラジルのピアノトリオについてはまたそのうち紹介を書いてみたいとおもいます。
(そえぢとづっかがギタートリオのNOSSO TRIOに傾倒しているのが実は悔しい、、、)


なつみ

CDレビュー4

さてさて いよいよ 今年もあとわずか。。

・・・・・・。


『Brazilian Duos』   ~Luciana Souza~

img6t_test-2.asp.jpg



彼女の名前はLciana Souza。あのWalter Santosの娘としてサンパウロに生まれる。
まさに音楽をするために生まれてきた彼女は 僕が夢見ていたバークリー音楽大学などで音楽を学んでいる。NYを拠点に活動している彼女は 英語でボサノバを歌う珍しいブラジル人です。彼女にブラジル人特有の泥臭さを感じることはできませんが歌唱力は抜群です。
このアルバムは同じくNY在住のTrio da Pazでも有名なギタリストRomero Lubamboとのデュオ!

・・・・・・。

先日来日してたみたい。。。完全に見逃しました。。ショックです。。。。。

なつみが見に行ったので ライブの感想とともにレビューを書いてもらいます。。。。

よろしく!!

                 そえぢ