スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDレビュー3

さてさて本格的に冬将軍の到来ですね。。。

・・・・・・・・。


お金の無駄使いと思われがちなこのジャケ買い。。なかなか奥が深いんです。。
ジャケットのクオリティーってそのまま中身に直結してることが多かったり、、、
最近は全くはずれがなくなりました。。ボサノバ自体のレベルが上がってるのかもですが。。。

なにより帰って聴くまでのドキドキったら。

さてさて渋谷からの車内でジャケットを開けたい誘惑におもわず負けてしまった1枚。。

『Braseiro』    ~Roberta Sa~

img6t_test-1.asp.jpg




出会いは渋谷。。DJをしていた頃、渋谷のレコード店によく足を運んでました。。
そんな時代にジャケットの写真に一目惚れをしてかったのがこのCD。。わかるかたは納得していただけるかと・・・。

彼女は1980年ブラジル北東部のリオ・グランジ・ド・ノルチ州生まれ。その後リオ・デ・ジャネイロに移り住む。聴いてもらえればわかるがアフリカからのリズムミュージックと西洋音楽の両方をあわせ持つボーカリストだ。北東部と言えばアフリカから来た人々が多く、音楽もその特徴が色濃く残る地域だ。そこからリオに移り住んだのだから彼女の音楽センスは納得できる。。
このアルバムもサンバ、ボサノバなどというジャンルにとらわれず、独自の音楽を作り上げている。


6曲目  Ah, Se Eu Vou
 彼女の音楽のルーツを一番感じられる曲だと。。
 ザブンバが作り出すリズムにギターが気持ちよくのりさらに彼女の声が華を付け足す。
 こんな曲をやり続けてほしい。


2150766.jpg
 
     な、なんと!!!!!


・・・・・・んんっ  え~、、つづきまして。。

7曲目  A Vizinha Do Lado
 Dorival Caymmiの名曲をカバー。
 彼とは違い、明るくポップに歌い上げる。
 ソロのアレンジもまた彼女らしい。そのソロから入るクラリネットがさらに彼女の歌う
 メロディーを引き立たせています。
 なじみやすいメロディーなので初めて聴くかたも気に入ってくれると思います。

動画はこちら

先日 待望の2ndが発売されました!内容はまた今度ってことで。。
http://taiyorecord.com/?pid=5121959


                 そえぢ
スポンサーサイト

CDレビュー2

前回のレビューにて「Nosso Trio」なるバンド名が頻繁に登場したので早めに紹介。
って 早すぎでは??という気がしないでもないが、、

『Vento Bravo』 Nosso Trio

BR1978.jpg



メンバーはギターのNelson Faria、ベースのNey Conceicao、ドラムのKiko Freitasの3人。
この3人を軽く紹介。。

ギターのNelson Fariaは Milton Nascimento Edu Lobo といったビックネームのサポートとしても有名であるが、大学の教壇にも立つという異色のギタリストだ。

ベースのNey Conceicaoは、後に紹介することになるであろうHamleto Stamato Trioのベーシストとしても有名。7弦ベースを操る 恐ろしいベーシストである。

またドラムのKiko FreitasはDjavanのサポートピアニストLuiz Avellarのピアノトリオのドラマーとしても有名である。彼のテクニックには 開いた口が塞がらない といった表現のしかたが正解。

そんな3人であるからこのアルバムは ただただすごいのひとこと。。。



1曲目「O Barquinho」
この曲はRoberto Menescal の代表作のひとつで「小舟」という意味であるが まあ彼らが演奏してしまえば もはや「豪華客船」といったところです。。

2曲目「Brooklyn High」
以前ギターの石井さんにNelson Fariaが作ったブラジル音楽のマイナスワン(練習用CD)をいただきました。そのCDにPartido Altというカテゴリーで収録されていたのがこの曲。このマイナスワンではさすが演奏レベルをおとして収録してくれてました。
というくらいすごい曲。ドラムのリズムパターン、ベースライン そして ギターとベースによる高速ユニゾン。一瞬たりとも聞き逃せない曲です。

この曲を YouTubeにて目をまんまるくしてごらんください。。
http://jp.youtube.com/watch?v=eyGif0t-u1Q



言葉ではうまく表現できないので 今回はレビューにはなりそこねましたが、次回はきちんとレビューにしてみますので どうぞよろしく!

                            そえぢ





CDレビュー

今までジャケ買いで見つけてきたCDをこれからたまに紹介していきます。

まずは 最高のジャケ買いとなったこの1枚から。。

『Brasil~Meu pais musical~』  Karolina Vusidolac

419.jpg


このCDに出会ったのは大学4年生の夏。第一印象はやはり「かわいいい」というなんとも失礼極まりないものだった。。。
だが、曲のクオリティーの高さに衝撃を受けたことは今でも鮮明に覚えている。


彼女は、マケドニア生まれのスウェーデン人。もともとジャズヴォーカリストとして活躍していた彼女だが ノッソ・トリオ、ジョアン・ボスコのギタリストとして有名なネウソン・ファリーアに出会いこのCDを出すこととなる。

そして衝撃的なクオリティーを生み出すバックバンドだが、メンバーはギターのNelson Faria、ベースのNey Conceicao、ドラムのKiko Freitas 要するにあの「Nosso Trio」である。そこにDaniel Turano(ピアノ)、Anders Haberg(フルート・サックス)をむかえているのだからこのクオリティーは納得できる。。



2曲目の「Canibaile」  まずはこの曲に衝撃を受けるはず。一寸のくるいもなく繰り広げられるユニゾンばかりが目立つこの曲だが、わたしはドラムのKiko Freitasのブラシさばきにいちばんの衝撃をおぼえた。ドラムセットでこれだけ「Samba」を表現できるドラマーは他にはいないであろう。

12曲目の「Vera Cruz」  Nelson Fariaの名アレンジャーとしての能力が発揮されている。もともと数多くのアーティストが演奏してきていた名曲であるが、だれもがオリジナルのサイズを大切にしていたためいまいち盛り上がりに欠ける曲であった。
このアルバムではソロとダイナミックスをうまく使うことによって曲全体の勢いを殺すことなく 曲にいろんな表情をつけてる といったところだ。それもこれもそのアレンジにこたえられるミュージシャンがいるからこそである!


ボサノバを初めて聞く人には まず この1枚をお薦めしたい。
決して有名な曲がたくさん入っている訳ではないが、ボサノバはとてもいい音楽なんだよ!と心の底から言える1枚だからである。

ちなみにHMVにて再入荷を確認! 
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1825419
                           
                            そえぢ

いやーオツカレ様!づっか~です。

こんにちは、づっか~です。
寒くなってまいりましたね、練馬はもう5℃ですよ 泣
ホントにあったかいものが食べたくなりますね、
うーんやはりすき焼き、土手鍋、きりたんぽ・・・・
なんて食べ物のことよりライブレポでした。
では、このような食べ物よりあったかいライブレポいきま~す!

11月20日関内ラフ&スティング
 この日は僕の同級生だった田口さん(以降たぐまい)と
一緒のステージということで。私なかなかちょい緊張のご様子でしたが
はじまってみればね。。。楽しい音楽の時間ですからそんなのもなく
気持ちよく演奏させていただきました。
まぁところどころ、おや?って場面も0ではなかったですがそれも
ライブの楽しみの1つですから、(僕たちぶらじる商会(以降ぶら商)
はそれすら楽しみに変えちゃう能力を持った人達なので問題なし)

内容的にはオリジナル~カバー~トリオ演奏~ゲスト~みたいな
流れでした。第3ステージ目は少し押し気味でしたけど無事3ステージ
こなし終了、てな感じでした!遅くなりましたが

ご来場頂いた皆様
本当にありがとうございます、次回のライブなどなどよろしくお願いします、ぼく達ぶら商はいつも、みんな楽しく聴けて、歌えて、参加して
というライブをモットーにやってまっす!これからもどうぞよろしく!

それにしてもたぐまいはやっぱりいい曲書きますね
僕も少し見習わないと、これからもよい曲作りに励みたいと思います
機会があれば彼女のHPも訪れてみてください、LINKにあると
思います。

今日になって久しぶりに真っ白な譜面の前に座りました。
何か思いにふけって書く曲はいつも独特の物ができます、今日は
ぶら商のクリスマスソングを作ろうと思って向かいました。
ただ・・・・次回ライブ終わるとクリスマス過ぎるまでライブないので
皆様の耳元に届くのが来年の冬なんていう大惨事??になりそう。
あーもっと早く書けばよかったです 泣。秋に梅雨の曲なんて書いてる
場合ではなかったですね(笑)

ではまた次のライブでお会いしましょう!!SEE YA!!!!

お詫び

11/24(土)に茨城県日立市で予定していたライブは、会場であるジョージハウスのマスターが体調を崩されたため非常に残念ではございますが年明け以降に延期となりました。。

楽しみにされていた皆様、また、関係者の方々にはご迷惑をおかけしますが なにとぞご了承ください。

年明けの日時等は決まり次第このブログにて告知いたします!
日立でのライブは必ず行いますので どうぞよろしくお願いいたします。

まずは、マスターの1日も早い御回復を心よりお祈り申し上げます。

                       ぶらぢる商会メンバー 一同   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。