1年

学生生活2年目、Jazzという音楽の内向きな姿勢に嫌気がさし新しい音楽を模索していた僕は中南米の音楽を彷徨った末、ブラジル音楽をとりつかれたように聞きだす。

ぼくの音楽のルーツはジャマイカ音楽にある。民衆の中から湧き出てくる社会への不満だったり不安を叫ぶ音楽はぬくぬくと生きてる僕の心を打った。。それを考えるとキューバ、プエルトリコを経てブラジル音楽に辿り着いたのは自然な流れなのかもしれない。

そんな僕が大学4年生の頃から温めていたこのバンドが始動したのが去年の今頃。

Le Trio Camara Tenorio Jr. 好きのピアニスト、アニオタのベース この2人とならいい音楽ができるんじゃないかって率直に思った。   構想3年。。念願のバンド。




10/20(土)「金のつぼ」にて僕ら3人が参加するバンドのライブ。

このバンドはVo.のじゅんこさんの歌声に惚れて「一緒にやりたい!」って自ら手を挙げたメンバーで始めたバンドなんです。

普段「3人」でやっているだけにじゅんこさんの歌とココちゃんのフルートは新鮮で毎回ワクワクします!

このバンドにはJoyceの曲がぴったり。じゅんこさんのきれいな歌声をココちゃんのやさしい音色が追いかけ、その2人を支えるギターの音色。お下品・・いや、野性的・・いや情熱的・・・ な僕ら3人は品格を保つのに必死!!

次回が楽しみです!!


スポンサーサイト

カーニバルだ!

こんにちは夏海です。
8日に、横浜でサンバチームのイベントに出演してきました!

エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂ
http://gressaude.com/rj/

浅草サンバカーニバルに出場しているチームです。

私も実はここで太鼓たたいたりしてます。

carnaval da sala(サロンのカーニバル)というイベントです。
いろいろなブラジル系バンドの演奏で、老若男女いろんなお客さんが
会場内で飲んだり食べたり踊りまくったりしています。

今回ぶら商は、シンガーソングライターのいとうまさよし氏とコラボ企画でした!!
パンデイロのふぢたクンも仲間に入ってくれて、5人でにぎやかなステージになりました。
Djavanの「Flor de Lis」と、いとうさんのオリジナル曲「フワリ」「あとのまつり」をぶら商流で演奏してみました。

いとうさんからは「すごく気持ちよかった!」という感想をいただきましたが、その言葉どおり、やっぱり最後はいとうさんが大暴走!!
あれ、完全なるアドリブで、いつどうなるか、わからないんですよ~。その場のいとうさんの気分次第!
それにがんばってついていくのが大変ですが、譜面のない音楽の面白いところでもあります。

それにしてもお客さんがいっぱいいて、踊ってくれたり合唱してくれたりすると楽しいですね!!
サラにご参加されたみなさん、お疲れ様でした。

ぶらじる商会の者です。

ふー
やっとブログに手を出せるようになりました。夏海です。
メンバーでランダムに不定期更新していきますのでよろしく。

さて、去る9月30日は上大岡のくんくんしーらやでライヴでした。
生憎のお天気にもかかわらず、たくさんのお客さんに来ていただきまして、どうもありがとうございました。

今回のライヴは、ゲストでアルトサックスのたぐまいちゃんが来てくれました。私とまいちゃんはサンバのダンスレッスンで知り合いました。一緒に踊っていました。
そしたらたまたま、彼女はそえぢとづっか~の大学の同級生でした(汗)
一緒に演奏するのは久しぶり!とのことでしたが、「Secret Love」よかったですね~!!

そしてもうお一方、サンバ界の重鎮、石山カズー氏が遊びに来てくださいました。飛び入りで「a Felicidade」歌ってくださいました。あのすごいオーラ出てる素敵なおぢさんは誰?とお客さんも驚いてました。

最後アンコールはサンバチームの友人、みわチャンが「Chega de Saudade」で歌手デビュー?してくれました。


そうそう、ライヴ前にづっか~が気を利かせて、リポビタンDを買ってきてくれたので、飲んだら超調子よかった!「リポビタンスーパー2000」てやつです。指が回ります。ピアニストのみなさんオススメです。でももっと強そうな「リポビタンDマキシオ(?)」を飲んだそえぢは胃もたれ起こして倒れそうでした。弱っ!!



今日はうちにいたら、づっか~とそえぢが大磯で魚釣ったといって、大量にもってきてくれました。大漁だったみたい!
今夜はマグロとカツオの刺身です~Image316.jpg